童顔女子の大人コーデ!着こなしのポイントは?

1

(出典:https://jp.pinterest.com/)

 

童顔の方は子供っぽく
見えないようにメイクだけでなく、

コーデにも工夫をされている方が
多いのではないでしょうか?

 

若く見えるのは嬉しいけれど
子供っぽく見えるのは
ちょっとなぁ…

恋愛中の女子は特にこんなお悩みを
お持ちなのではないでしょうか?

 

そこで今回は、童顔女子の方の為に
大人コーデの着こなしポイント
ご紹介したいと思います。

参考になるものがあれば
嬉しく思います。


Sponsored Link


シャツを合わせるときは爽やかに

2

(出典:http://stylest.net/)

 

ボタンで肌見せ具合が調整できるので
大人コーデに取り入れやすい
アイテムがシャツです。

 

ボタンをしっかり留めてしまうと
きちんと感よりも
幼さが際立ってしまいます。

なので、ボタンを第二ボタンまで
あけるようにして、

Vネックのラインを作るように
気をつけてみましょう。

 

そうすることで、
顔まわりがスッキリ見えて
大人っぽさを演出することができます。

ボトムスはカジュアルなものではなく、
今流行のガウチョパンツ
フレアスカートなどを合わせて
女性らしさをキープすると良いですよ。

 

足元はヒールを合わせて
更にフェミニンに見せると可愛いですね。


Sponsored Link


デニムを合わせた大人カジュアル

3

(出典: http://stylest.net/)

 

デニムは単体だと
子供っぽく見えやすい
洋服かもしれません。

しかし、このデニムも
合わせるアイテムに気をつけるだけで、

大人カジュアルを演出することが
できますよ。

 

ポイントとして、
トップスは白を基調とした
カットソーを選ぶようにしましょう。

 

プリントTシャツが流行っていますが
ロゴ使いのものなどは
どうしても子供っぽく見えがちです。

なので、シンプルで大人っぽいカットソー
選ぶようにしましょう。

 

そして、足元は身長が高めの方は
フラットシューズを、

低めの方はヒール
合わせるようにして下さい。

全体のバランスをとるために、
大人ファッションは足元にも
気をつけるようにしましょう。

 

 

ストライプは大人スタイルナンバーワン

4

(出典:http://wear.jp/)

 

柄物と言えばチェックやボーダー、
アニマル、ドット柄など
様々なものがあります。

中でも、一番大人っぽさを演出する
ことが出来るのはストライプです。

 

縦のラインが出ることで
スタイリッシュなイメージを
与えることが出来ます。

 

また、今期はストライプのアイテムが
トップス、ボトムス共に大人気なので
是非チェックしてみてほしいです。

 

夏なので、黒ベースのものではなく
白ベースのアイテムをチョイスしましょう。

童顔の可愛らしさと
白をベースにした爽やかさの
相性は抜群ですよ。

 

 

ワイドパンツでこなれ感を出して

5

(出典:http://wear.jp/)

 

ワイドパンツ
今年の夏から冬にかけて
根強い人気のあるアイテムですね。

ワイドパンツは合わせるだけで
大人っぽいコーディネートを
作ることができます。

 

童顔の方は、
モノトーンでコーディネート
組むようにすると
大人っぽくしやすいと思います。

ベージュや白などの
明るい色も可愛いですが、

ボトムスを暗めにすることで
シックにまとめるのがオススメです。

 

また、リネンなどの
大人っぽい素材感のものを
合わせるようにしてみても
良いと思います。

 

足元はスニーカーなどの
カジュアルなものは合わせずに、

エナメルなどの光沢のあるパンプス
合わせるようにしましょう。

 

 

小物は大人っぽいものを合わせて

6

(出典:http://wear.jp/)

 

大人ならではのコーディネートとして、
小物使いをきちんとしたものにすることで
全体を引き締めることができます。

 

気をつけたい小物は
時計やアクセサリー、バッグ、靴など
がありますね。

これらのアイテムを
大人っぽいものにするだけで、

同じ洋服でもコーディネートが
断然変わって来ます。

 

バッグはリュックなどの
カジュアルなものは避け、

レザーやクラッチバッグ
オススメですね。

靴は出来る限り
パンプスやエナメルのもの
合わせると良いですよ。

 

また、それに合わせて
ヘアスタイルもゆるくまとめるだけで
雰囲気が変わって来ます。

 

 

まとめ

童顔女子の方の為に
大人コーデの着こなしポイントを
5つご紹介させて頂きましたが、
参考になるものはありましたでしょうか?

 

コーディネートはもちろんですが、
メイクやヘアスタイルでも
印象を変えることができるのが
女子の特権だと思います。

前髪の有無や、まとめ方一つで
雰囲気をがらりと変えることが
できますよね。

 

童顔を活かしたい場合は
同じコーディネートでも
ヘアスタイルや、合わせる小物を変えて
コーディネートをしてみて下さい。

子供っぽく見えない
大人コーディネートを
楽しんでみて下さいね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ